野生のイルカと泳ぐ ドルフィンスイム等、世界の絶景JEEP島(ジープ島)の話題が満載!

ジープ島、Jeep島

ジープ島、Jeep島、その他のスポット
HOMEの中のその他のスポット

ジープ島、Jeep島、続々とスポットも開発中

ジープ島、Jeep島、インリーフ・アウトリーフ

ジープ島、Jeep島、サンドキャッスル

ジープ島、Jeep島、パラダイスゲート

ジープ島、Jeep島、サラット・アウト

ジープ島、Jeep島、富士川丸以外の沈船

ジープ島、Jeep島、五星丸

ジープ島、Jeep島、リオデジャネイロ

ジープ島、Jeep島、山鬼山丸

ジープ島、Jeep島、神国丸

ジープ島、Jeep島、平安丸

ジープ島、Jeep島、駆逐艦・文月

ジープ島、Jeep島、零戦ポイント

ジープ島、Jeep島、幻のマンタポイント

たまたま欧米人に人気のある「沈船」のイメージが強く、
ずっと今日まできたトラック諸島。
近いエリアでは、サイパン、パラオが早くから開発され、
どんどんダイバーが訪れ、にぎやかになっていく中、
逆にいい意味で荒らされずに、
神秘のベールに包まれたまま今日まで来たとも言えます。
それ故まだまだ知られざる、凄い実力を持っているとも言えるでしょう。
ここではその一部を紹介しましよう。

トラックはピキピキの元気なサンゴの宝庫。
眩しいばかりの白砂の至る所に、
沢山の魚が乱舞する美しい根があります。
そして回遊魚が行きかう、
ダイナミックなドロップオフも圧巻。
まだまだ手つかずで、
新しい調査中のポイントが無尽蔵にあり、
まさにダイバーズ・ヘブン(天国)!\(^o^)/

最も近いスポットで、小さな珊瑚のガレだけで出来ている小さな島です。
その形がまるで、珊瑚の城のようなので、この名前がつきました。
周りは手つかずのピキピキの珊瑚のお花畑。ハウスリーフとは一味違った景観が楽しめます。
時期によっては、ものすごい数の幼魚の群れがいる事もあり、ゆったりダイブできます。

これはつい最近開発されたポイント。
場所はサンパラ近く、ややアクトリーフ寄りなので、
サンパラとはまた全然違った面白さに包まれます。

透明度抜群の明るいドロップオフ。
うまく当たれば、ギンガメ、バラクーダ、ツムブリの群れに巻かれ、洗濯機状態。
ダイバー冥利につきます。

環礁内に数多くの沈船が眠るここトラックは、
まさに世界のレックダイブのメッカ。
世界中からダイバーが集まってきています。
比較的水深の浅い所に沈む船が多く、
明るく、色彩鮮やかにソフトコーラルが付き、
数限りない魚達との競演で、見事です。

総合的に見所の多い、バランスのとれた沈船と言えるでしょう。

船が横倒しに沈んでいるので、独特の景観を持っています。
ジープ島からも近いので、気軽に行って帰ってこれます。

●これも景観のおもしろい沈船です。じっくりと観察して見て回れます。

ジープ島からはやや遠いですが、
ロングステイのダイバーには「NEXT」として、お薦めの沈船です。
ソフトコーラルの幻想性が格別です。

これも「NEXT」として。
ホテルBLRステイのダイバーで、ナイトをやりたい人が行ける沈船です。

かなり遠いのと深いので、なかなか行くチャンスがありませんが、私が一番好きな沈船です。
水深はトップでも30mぐらいなので、エントリーしてから
序々に現れる姿はとてもファンタジックです。
そして白と青のソフトコーラルに色どられた船の全容は、ただただ「幻想的!」の一言です。

スノーケルでじゅうぶん楽しめます。
水深10mぐらいなので、素潜りが上手な人は、潜って触れます。

これまでも何度も目撃されてきているマンタ。
(トラック、キミシマ環礁ともに)
という事は必ずクリーニングステイションである
マンタポイントがあるはず!
今後発見されたら、この海域も更に充実していくでしょうね♪

ジープ島、Jeep島
ジープ島、Jeep島、ページの先頭へ