野生のイルカと泳ぐ ドルフィンスイム等、世界の絶景JEEP島(ジープ島)の話題が満載!

ジープ島、Jeep島

ジープ島、Jeep島、食事
HOMEの中の食事

ジープ島、Jeep島、島の名物、夕暮バーベキュー

ジープ島、Jeep島、タレはお手製

白砂のビーチが大きく張り出し、ゆったりとした気分にさせてくれます。
ここでの食事は、たまらない程、ワイルドムード満点。
毎日刻々と移りゆく夕焼けに、しばしのまどろみタイム。
この空の下で食べるディナーは最高の贅沢かも知れません。

現地の秘伝のタレで焼く
牛や豚や鶏肉は、
とても美味しい。
リクエストがあり、
タイミングが合えば、
ロブスターやマングローブガニを
食べる事もできます。。

ジープ島、Jeep島、食事は3食ついています

ジープ島、Jeep島、ちょっとデザートタイム

ジープ島、Jeep島、ちょっとデザートタイム

豪華な食事ではありませんが、
野趣溢れるバーベキューを
メインメニューに、
旅の思い出には欠かせない、
素朴であるがゆえに印象的なメニューです。

朝は、目玉焼き、肉野菜炒め、パンなど。
昼は、臨機応変に対応しています。
時にはゲストが持参した
ソバやソーメンが出ることも。
夜は、一日は必ずバーベキューをやります。
それ以外に、カレーライス、ハンバーグ、
ローストチキン、ロールキャベツなど。

 

リクエストがあれば、椰子の実を取ってくれ、
そのままジュースで飲ませてくれます。
白い実はデザートにもなります。
その他、バナナやパイナップル、マンゴーなど。

ジープ島滞在に慣れてくると、
いろいろ食材を持っていくのも楽しみ
の一つなんです。
普通のリゾートならありえない事も、
ここなら現地でも大歓迎されます。
これホント!☆[^ー゜]

例えば、ソーメンやソバとメンツユを
持っていけば、
気軽にランチとして料理してくれて、
みんなで食べられる事ができます。
わざわざ天プラをあげてくれることも
(笑)
基本が白ご飯なので、
海苔やメンタイコや漬け物などもとっても重宝します。

とにかく、全てに渡ってアットホーム
でフランクな所です。
無人島で食べるこれらの素朴な食材
が、またいいんですよね♪

ジープ島、Jeep島
ジープ島、Jeep島、ページの先頭へ