INFORMATION

* INFOコーナー *

2020年03月27日

★自然写真家:高砂淳二氏の最新本「光と虹と神話」の絶景34ヶ所の中で、ジープ島が紹介されています\(^o^)/

さて、久しぶりの嬉しいニュース。コロナショックで不安やストレスが溜まる一方ですが、ここしばらくが踏ん張り時かと思っています。(^。^)

で、思えば氏と最初に仕事をしたのが、パラオでのロケ。もう今からかなり前の話。当時僕もダイビング関係の広告デザインの仕事が多く、その一つにNAUIの教則本・制作があったのです。

それでNAUIの担当者とカメラマンの高砂氏、モデルのインストラクター、そしてアートディレクターの僕の4人で、パラオで色んな撮影をしたのでした。
あれからかなりの時が経ち、氏も自然写真家としては第一人者に。

そして今回ジープ島も取り上げているという事で、僕の所にも本が届きました。それで、この場を借りてご紹介したいと思います。

副題は「世界の絶景を撮る、書く!」。素敵な写真と文章で綴られた全144ページ。ジープ島は4ページで、キャッチは「時間の流れが世界で一番遅い場所」と。。

面白い事に、ここで僕が先日スタートさせたばかりの「JEEP島時間シリーズ」とも被ってきます。
そうそう、その通り! ジープ島で流れる時間は、忙しい都会生活に比べて、独特の癒されるユッタリ感があるんですよねっ☆[゜ー^] 

 

是非書店か通販で購入され、読まれてみて下さいね。
詳しくは、この【アマゾンサイト】をどうぞ。

~~~~~~~~~~~~~~
当サイト管理人:三輪アキラ

2020年03月22日

★コロナウイルスによるジープ島の渡航規制はまだ解除になっていないので、もうしばらく見守っていきましょう☆彡

コロナウイルスの終息の兆しは、まだ見えてこないですねぇ。。こんなに連日連夜、TVやネットのニュースに釘付けになるのも久しぶり(苦笑)

楽観的に考えて、4月下旬以降、5月に入れば何とか見えてくるのでは?と思っています。そうすれば、現地の渡航規制も徐々に解除され、晴れてジープ島へ!(^-^)/


しばらく感染予防をしながら、待つ事にしましょう。

★詳しい渡航規制状況は【在ミクロネシア日本国大使館サイト】でチェックしてみて下さいね。

~~~~~~~~~~~~~~~~~
当サイト管理人:三輪アキラ

2020年03月22日

◆ジープ島の昼下がりは、ボサノヴァの気分♪【JEEP時間シリーズ by三輪アキラ vol.01】

コロナウイルスの終息の兆しは、まだ見えてこないですねぇ。。こんなに連日連夜、TVやネットのニュースに釘付けになるのも久しぶり(苦笑)

楽観的に考えて、4月下旬以降、5月に入れば何とか見えてくるのでは?と思っています。そうすれば、現地の渡航規制も徐々に解除され、晴れてジープ島へ!(^-^)/

しばらく感染予防をしながら、見守っていきましょう。

そんな訳で、ちょっと気分を変えて、新シリーズを始めちゃいます。こんな気持ちが滅入る時だからこそ、ジープ島の爽やかな風を感じ、励みにしていきたいので。

で、第1弾のテーマはこれ! 島を24時間包み込む「音」の話です。 環礁内の穏やかな波の音。それがこの小さな島の360度から聞こえてくるわけだから、 考えてみれば凄い事だ(@_@;)

そして常に貿易風として吹いてくる風が、椰子の葉を揺らす「葉ズレ」の音。そこに時折ミツスイの綺麗なサエズリが加わり、現地スタッフの弾くウクレレの音が、どこからともなく長閑(ノドカ)に聞こえてくる。

コテージの中には物を取りに行くぐらいで、 眠るのも満天の星の下の方が気持ちがいい。 そんな、ほとんど24時間、外気とそれらの音にさらされた「素朴な無人島生活」の中で、 徐々に不思議な酩酊感に包まれていく……。

そしてフッと気が向いたら、 何かサウンドをかぶせてみるのも悪くない。 それは例えば風鈴であったり、生ギターであったり。
今回はボサノヴァだった。 島を包む波の音と、ミュージックとのコラボレーション。

波の音が、より鮮明に耳に入ってくる。「大自然」とオーバーラップする、極上のミキシング。 そして風景までをも、ビジュアル的にクッキリと浮かび上がらせてくれる。
そんなシーンを、写真と言葉でお届けできたら♪
───────────────────────

何もしない、ポカ~ンとした空白の時間。 椰子の葉が、涼やかで心地いい日影をつくり、光の角度で時にはハッとするほどの造形美を形づくる。
島を訪れたアジサシがくつろぐほど、風は青く穏やかだった。イソシギの向こうの白い波を見つめ、ミツスイのサエズりに耳を傾ける。。

陽射しは透明な色彩を創りだし、寡黙な影のマドロミの中に落ちていく。そして島は、ゆっくりと物語を語り始める。。
そんな椰子の葉影のユラギに陶酔を感じる時、 波の音にそっとボサをかぶせてみよう。

あとは、一杯の冷えたジンがあればいい……。

この時に聴いていたのは、セルソ・フォンセカ&ロナルド・バストスの【スローモーション・ボサノヴァ】 

是非気分だけでも、行ったかのようにまどろんでみて下さいね♪♪♪
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
★フジTV『なるほど!ザ・ワールド』等で、初めてジープ島を知った方は、まずは【当サイトのナビゲーションとごあいさつ】をご覧下さいね。

★詳しい渡航規制状況は【在ミクロネシア日本国大使館サイト】でチェックしてみて下さい。

~~~~~~~~~~~~~~~~~
当サイト管理人:三輪アキラ

2020年03月16日

◆ジープ島の母屋でもある「BLR」の、ゆった”リズム”【2018年9月プレミアムツアー報告記 by三輪アキラ 15】

このシリーズで前にレストランを紹介しましたが、今回はこのテーマで。

ジープ島が「癒しの犬」なら、ここBLR(ブルーラグーンリゾート)は「癒しの猫」。もう敷地の至る所でのんびりと暮らしています。

 

それもそのハズ。とにかくこのホテルはゆったりできます。椰子の林と言っていいほどの広い庭。広い部屋に広いバルコニー。
そして南国の色鮮やかな花々も見事です(@_@;)

もちろんメインはジープ島に置くとして、ここも併せて満喫してみて下さいね(^-^)/


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

★フジTV『なるほど!ザ・ワールド』等で、初めてジープ島を知った方は、まずは【当サイトのナビゲーションとごあいさつ】をご覧下さいね。
~~~~~~~~~~~~~~~~~
当サイト管理人:三輪アキラ

2020年03月10日

◆ジープ島から行く、沈船の素潜りにチャレンジを!☆彡【2018年9月プレミアムツアー報告記 by三輪アキラ 14】

トラック環礁には、数多くの沈船スポットがあります。中には浅いので、シュノーケリングでも見れるポイントも。

ノンダイバーの方々も、是非チャレンジしてみて下さいね。ジープのハウスリーフとはまた違った、幽玄で神秘の世界を垣間見れますよ(@_@;)

写真は、ドルフィンスイムの帰りに寄ったスポット。青や緑のスズメダイの群が、まるで花が咲いたかのように。もう、それはそれは見事でした。

写真は、その時に現れたピンクのクラゲ。触れないように気を付ければ、これはこれで美しい夢の世界にいざなってくれます♪(´ε` )。

 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

★フジTV『なるほど!ザ・ワールド』等で、初めてジープ島を知った方は、まずは【当サイトのナビゲーションとごあいさつ】をご覧下さいね。
~~~~~~~~~~~~~~~~~
当サイト管理人:三輪アキラ

2020年03月06日

◆ジープ島での波の音が聞こえてきそうなシーン☆彡【2018年9月プレミアムツアー報告記 by三輪アキラ 13】

さて、これも未公開分です。「日中のまどろみ」をテーマに選んでみました。

ジープ島マジックの一つが、この波の音とリズム。中に居ると、360度から波が打ち寄せます。

 

実は、これはなかなか他では体験できない凄い事なんですねぇ(@_@;)


徐々に徐々に、不思議で心地良い「酩酊の世界」に入っていくのです……。


上は現地人スタッフ「シノ」の午睡(笑)  何とも気持ち良さそうですねっ☆[゜ー^]  ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

★フジTV『なるほど!ザ・ワールド』等で、初めてジープ島を知った方は、まずは【当サイトのナビゲーションとごあいさつ】をご覧下さいね。
~~~~~~~~~~~~~~~~~
当サイト管理人:三輪アキラ

2020年02月27日

◆ジープ島のハウスリーフは、カラフルな魚達の宝庫。【2018年9月プレミアムツアー報告記 by三輪アキラ 12】

歩いて数歩の目の前で、こんな美しい魚達が群れ集っている……。(@_@;)
この島の魅力って、まさにその「圧倒的臨場感」の中で、な~んにも考えないで生活する事なんですねぇ。

写真はニジハギ。ここのハウスリーフのシンボルのような魚。
僕は到着すると真っ先にシュノーケリングをするのだけど、この魚達を見ると『あ~、来たんだなぁ』と、改めて、しみじみと思うのです。(^。^)

普通に居る種だけど、繊細で見事な柄! この魚達がキラキラ泳いでいるシーンには夢見心地になっちゃいます。

 

そして、ツノダシやアオブダイ等、驚くほど多種多様に……。

もう、一日シュノーケリングして、彼らの優雅な姿を見ているだけでも飽きる事がない。。
そのパラダイス感に包まれるだけでも、ジープ島に来た甲斐があるというものです☆[゜ー^]  ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

★フジTV『なるほど!ザ・ワールド』等で、初めてジープ島を知った方は、まずは【当サイトのナビゲーションとごあいさつ】をご覧下さいね。
~~~~~~~~~~~~~~~~~
当サイト管理人:三輪アキラ

2020年02月22日

◆BLRのレストランの食事は、けっこうイケますよ!(^-^)【2018年9月プレミアムツアー報告記 by三輪アキラ 11】

さて、今回はちょっと目先を変えて。これも未発表分です。

ブルーラグーンリゾート(BLR)で、朝食や夕食を利用される方も多いかと思います。
ここは外光がたっぷりと入り、庭を眺めながらの食事は開放的で明るく、いい雰囲気なのですねぇ♪(´ε` )。

そして、基本はアメリカンスタイルですが、なかなか美味しいですよ。

特に、上の写真の「サシミ」。現地で採れたキハダマグロですが、唐辛子とライムを絞ったタレで食べます。これが絶品!(@_@;) ちょっとローカルな気分も味わえるのも嬉しい♪

ただ、誰かが言っていました。これは「サシミ」ではなく「キリミ」だ、と。(爆)

 

そしてご一緒だった方と、是非同じテーブルでシェアしてみて下さいね。色んな種類が食べれて、更に楽しく美味しい旅の1ページになりますので☆[゜ー^]

僕は意外と、ここの「ラーメン」(上の写真)が好きですねぇ。野菜がたっぷりと入っていて、日本で食べるラーメンとは全く違い、「旅のローカル感」もバッチリ!
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

★フジTV『なるほど!ザ・ワールド』等で、初めてジープ島を知った方は、まずは【当サイトのナビゲーションとごあいさつ】をご覧下さいね。
~~~~~~~~~~~~~~~~~
当サイト管理人:三輪アキラ

2020年02月16日

◆全天を朱に染め上げる、ジープ島の魔法の中で。【2018年9月プレミアムツアー報告記 by三輪アキラ 10】

以前の[04]で夕焼けを取り上げましたが、今回はその翌日の光景。  by三輪
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
日によって全く違った雰囲気になるので面白いですねぇ♪ まさに『二つとして同じ夕焼けはない!』です。


この日も、それはそれは感動的でした。全天に薄っすらと雲が架かっていたので、夕陽を360度反射して、ほんと言葉を失うほどの美しさ(@_@;)


これも、小さな島だからこその妙技。僕がよく使う言葉が『小さいが故に雄大』。

 

この写真で、それを感じてもらえましたか?☆[゜ー^]


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

★フジTV『なるほど!ザ・ワールド』等で、初めてジープ島を知った方は、まずは【当サイトのナビゲーションとごあいさつ】をご覧下さいね。
~~~~~~~~~~~~~~~~~
当サイト管理人:三輪アキラ

2020年02月11日

◆ジープ島の爽やかな光の中での人物ポートレート☆彡 【2018年9月プレミアムツアー報告記 by三輪アキラ 09】

さて、新型コロナウイルスの関係で、いつ日本からの【渡航禁止令】が解除になるかは、まだ分かりません。。
でもそんな中だからこそ、引き続き爽やかなジープ島からの風をお届けしようかと。

 

今回のテーマはそれに相応しいコレで(^-^)/  by三輪
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
ゲストの方々が思い思いにジープ島で寛いでいる姿を見るのは、とてもいい^^


「何もない」からこそ、シンプルで心地良い「光と水と風」が人物を生き生きと際立たせるのです♪(´ε` )。

 
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

★フジTV『なるほど!ザ・ワールド』等で、初めてジープ島を知った方は、まずは【当サイトのナビゲーションとごあいさつ】をご覧下さいね。
~~~~~~~~~~~~~~~~~
当サイト管理人:三輪アキラ

2020年02月06日

★新型コロナウイルスの関係で、ジープ島のあるミクロネシアには、しばらく渡航ができなくなりました。

ミクロネシア大統領府の緊急事態宣言により、当面の間、コロナウイルスの感染者が確認された日本を含む26ヵ国からの入国が、一部の条件を除いて禁止されました。

とても残念ですが、これも充分な医療施設がないミクロネシアを守る側としては、致し方ない措置かと思います。
逆にウイルスが持ち込まれたら、それこそ大変な事態となりますので。。

この措置がいつ解除になるか、今のところメドは立っておりませんが、コロナウイルス拡大の終息と共に、段階的に解除されていくかと思います。

ジープ島旅行を計画されている方は、もうしばらく様子を見守ってみて下さいね。
またすでに予約を入れている方は、旅行会社の方から随時案内されていくと思います。

当サイトと提携しているキックオフツアーさんでは、取り急ぎ、2月29日出発までのゲストの方を一旦キャンセルとさせていただいたようです。

では、また新たな情報が入り次第、こちらでもご案内いたします。

ちなみに【在ミクロネシア日本国大使館からの案内】です。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
当サイト管理人:三輪アキラ

2020年02月06日

★当サイトの管理人:三輪の方で、ジープ島ツアーに関しての電話サポートを行なっています。お気軽にどうぞ(^◇^) 

基本的なツアーの事は、当サイトの推薦旅行社【キックオフツアー】に問い合わせていただければ、全てそちらで対応できます。

ただ、より詳しいダイビングの事や、更に込み入った事をお聞きになりたい事があれば、遠慮なく三輪の方へお電話下さい。

TEL.03−6909−8612 (土日祝可 10時~19時)

不在の場合は留守電にメッセージを入れていただければ、折り返しお電話する事も可能です。

~~~~~~~~~~~~~~~~~
当サイト管理人:三輪アキラ

2020年01月30日

【速報】これからカレンダーを購入される2名の方に、プラネタリウム『天空』ジープ島作品の招待券をプレゼント!

2月16日(日)で終了となる、ジープ島の星空作品【Starry Island 南十字星を見上げて】
この招待券がまだ2枚手元にあります。

なので、これから【2020年度ジープ島カレンダー】を購入される先着2名の方にプレゼント(同封)いたします。

その場合、一般の購入者と区別するために、メッセージ欄に「天空・招待券希望」と必ずお書き下さい。
それがないと、一般扱いとなりますので、ご注意下さい。

もう余り時間がないのでお早めに。入金を確認しだい、出来るだけ早めにお送りいたします。
ただし、招待券は3月31日まで有効なので、他の演目ならそれまでご使用できます。

なお、締め切りはここでのご案内となります。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
当サイト管理人:三輪アキラ

2020年01月26日

◆現地人スタッフとも是非触れ合ってみて下さい(^-^) 【2018年9月プレミアムツアー報告記 by三輪アキラ 08】

今回はこのテーマで。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
メインスタッフのリペルとシノはこれまで何度も取り上げたので、今シリーズはフレッシュなところで。

今回はハナエとは会えなかったのですが、彼女の姉のイヨピエンがずっとジープに居てリペルのお手伝いをしていました。
このイヨピエン、ハナエと違ってとてもシャイでモノ静か。でも笑いかけるとニコッとし、とってもチャーミングな笑顔を見せてくれます☆[゜ー^]

そして大の子供好き。今回後半に1歳半のお子さんを連れてこられたご夫婦のゲストの方がいらしたのですが、とても良く遊んでくれたと、お二人も喜んでいました。

 

まだちょっぴり日本人には慣れてないけど、今度会った方は、是非カタコト英語で話しかけてみて下さいね。意外な面も見せるかも(笑)

それとガイドのジョー。明るく頼もしくゲストのケアもちゃんとしていて、今回のゲスト達にはけっこう人気でしたよ。

更に古株のアポ(写真左で右はグロッキー)。何とキミシマ環礁のオーナーの一人で、初期の頃からよくガイドしてくれ、久しぶりの再会。陽気なヤツです。

やはり行った国の人達と触れ合う事も、旅の大きな楽しみですよね♪(´ε` )。━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
★フジTV『なるほど!ザ・ワールド』等で、初めてジープ島を知った方は、まずは【当サイトのナビゲーションとごあいさつ】をご覧下さいね。

~~~~~~~~~~~~~~~~~
当サイト管理人:三輪アキラ

2020年01月22日

◆ムーンライト・キャンドルナイトもやれました☆彡【2018年9月プレミアムツアー報告記 by三輪アキラ 07】

ジープ島は星空も素敵だけど、満月の頃もいいですよ! もの凄くシュールな体験ができます( ̄▽ ̄)b  by三輪
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
今回のツアーは満月に合わせての催行。期待してたのですが天気が芳しくなく、「衝撃的な満月の夜」とはいきませんでした。。でも一時的に月が顔を出して「月の道」も見れて、ホッと一安心。


そして、お待ち兼ねのキャンドルナイト。Mayuさんがテーブルクロスを用意してくれて、手作りの素敵なBARコーナーを設置。思い思いに持ってきたローソクとお酒で、今宵も乾杯! よもやま話に花が咲く☆彡

 

ジェネレーターも消して、聴こえるのは波の音だけ。外寝の人達はビーチチェアの即席ベッドも脇にセットし、歯も磨いて準備万端。
終電を気にする事もなく、眠くなったらコテッと月光の下で眠りに付く…。これって最高の贅沢だと思いません?(笑)


今回は、ほとんどの人が外寝を体験できましたね(^-^)
それにしてもビーチチェアが椰子の木の下に10脚以上並ぶ様子は圧巻の図(@_@;)


「川の字に眠る」という言葉があるけど、これって「川×4の字に眠る」でしょうか?(爆)
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
★フジTV『なるほど!ザ・ワールド』等で、初めてジープ島を知った方は、まずは【当サイトのナビゲーションとごあいさつ】をご覧下さいね。

★そして『ジープ島に行きたい!』と思ったら【見積り・問い合わせフォーム】からご連絡下さい。提携旅行社:キックオフツアーさんから見積りと案内が届きますよ(^◇^)
~~~~~~~~~~~~~~~~~
当サイト管理人:三輪アキラ

最近の記事

月別アーカイブ

ジープ島、Jeep島