INFORMATION

* INFOコーナー *

2020年04月11日

◆サンドパラダイスの水中で、白と青の世界に溶けていく。【ジープ島 時間シリーズ by三輪アキラ vol.04】

そして誘われるように、大気と海中の狭間(ハザマ)に漂ってみよう。 海に入ると、いつもこの際(キワ)のことを想う。そんな海と陸が融解し、溶けていくかのような感じが好きだ。

太陽の光がサンサンと降り注ぐ、浅い海中。そこには珊瑚のお花畑が広がっている。それは地上よりも遥かに密度の濃い、生命力に溢れた異世界。。

美しい魚が、何の躊躇もなく通り過ぎる。水中の生物達の、この大らかさも大好きだ。そこには、「生を謳歌する営み」があるだけ。

何も考えられない、何も思いつかない……。

水が結晶化したような魚達の動きに見とれ、喜びを体現しているような流れに同調し、宝石のような青い群落のパターンに酔いしれる。。

魚達と一緒にまどろみ、青の世界を共有する。それはとても素敵な事だし、落ち着いた心の充足を感じる。
そして太古に自分がここに居たのかもしれない、そんなDNAに刷り込まれた記憶が甦ってくる。遥か昔、我々は海に住んでいたのだから……。

ふと、岩の隙間から望む光景にハッとした。それはまさに【ロジャー・ディーン】の描く、幻想絵画のようだった。
そのモチーフの象徴でもある、キノコのような不思議な造形的珊瑚が見え隠れしている。

ずっと僕が憧れ続けてきたのも、このディーンの描く「どこか見知らぬ大地」だった。そのシュールなイマジネーションを最も刺激してくれるのが、この水中の景観だ。
だから、これまで狂ったように潜り続けてきたのかもしれない。。

そして溶けていく。光の白と、海の青の中に……。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
★初めてジープ島を知った方は、まずは【当サイトのナビゲーションとごあいさつ】をご覧下さいね。

★詳しい渡航規制状況は【在ミクロネシア日本国大使館サイト】でチェックしてみて下さい。

~~~~~~~~~~~~~~~~~
当サイト管理人:三輪アキラ


最近の記事

月別アーカイブ

ジープ島、Jeep島
ジープ島、Jeep島、ページの先頭へ