HOMEの中の夢雲のフォト日記の中のJEEP時間03★クリスタル・ゲート(キミシマ環礁)

JEEP時間03★クリスタル・ゲート(キミシマ環礁)

さて、今回はいよいよキミシマがテーマです。
ゲストの方に大人気なのは、もちろんイルカ、そして月や虹やハウスリーフや。。
でも、『行けたら、絶対行きたい!』と、多くの方の憧れがこのキミシマ!!

今回はその中でも、私が最近行って大感動した「サンドヘヴン」というスポットをご紹介します。
ここはスノーケリングで入るので、ノンダイバーの方も同じように感動できるハズ^^
そして何を隠そう、トップのバナーから入る「ジープ島絶景10選」のコーナーで、
私が第1番に選んだシーンでもあるのです。☆[^ー゜]
その中で、こんな風に語っています。

今だ人間というものが入ったことのない聖地のような海域。
そこに、まさに人知れず夢のように展開される、地球が生んだ奇跡のような光景・・・。
浅い白砂に、「全ての環境汚染&自然破壊から完璧に隔絶された」、
生まれたばかりのような、無垢の珊瑚と魚たちの世界・・・。
もうただただ、この地球に生まれて良かった~と(笑)

それでは、出発から戻ってくるまで、臨場感たっぷりに進めていきます♪


その日はジープ島を後にして、一路キミシマ環礁へ。
『キミシマに行ける!』
私にとってそれは、まさに天使の歌声のような言葉なのでした^^(笑)


熱帯域の大海原を疾走する!
風が全てを吹き飛ばし、心は限りなく空白になっていく・・・。 どんどん進め!!


ものの40分程で、キミシマの海域に入る。
海の色が明らかに違ってくる。 。


キミシマブルーだ!
この青にどれだけ魅了されてきたことか・・・。 「世界一の青」と言っていい♪
(これはまた、別のテーマで後日にUPします)

今回の目的地は、このフォノヌーク島の先の南の海域。
まだほとんど誰も行ったことのない、未知の海。 まさに冒険!


そこは広大な浅瀬が広がっていた。エリア名は「サンド・ヘブン」。
さあ、到着だ! もう既に、脳細胞までもが水色に染まっていく気がする^^


波の波紋は、風が創り出す無垢のアート。
3m下の珊瑚までもが、手が届きそうだ (@_@;)


スノーケリングで良さそうな根を探す。
丁度おあつらえ向きの根を発見!!


即刻中へ入って、驚嘆のため息・・・。
美しい枝珊瑚のカンムリを付けた、素晴らしい形の根だった♪


この光!この色彩!!この生命力!!!
この驚愕の小宇宙!!!!


美しい地球に触れること。 ただただ、それだけ・・・。
それだけが一番いい☆彡


クマノミ君が隙間から顔を出した。


人間を初めて見たからかなぁ、どことなく、キョトンとしていた^^


水面に映る珊瑚の不思議な触感。


そして、見事に上下対象に映りこんだ。
もはやそこは夢の中・・・♪


「半水面」でも撮ってみた。まさに、ヘブン!!
天国があるとしたら、こんな感じかな^^
そして、この根のポイント名が、「ヘブンズ・ゲート」と名づけられたのだった。


そしてジープ島に戻る。
キミシマからこの島に戻ってくる時の感じが、とても好きだ。
まさに「我が家」へ帰ってきたような、ねっ!♪

 
陽が傾き、風が収まり、海はどこまでも穏やかに・・・。
これぞ、「ジン・クリア・ウォーター」の海!!


となると、当然舌にもジンが必要だ!(笑)
今回のマイフェバリット・リカーは、この「タンカレーno.TEN」。 痺れるねぇ(≧∇≦)
今日もとりあえず、ジープ島に乾杯(カンパ~イ)!


そして大好きなブルーマーリンの飾り物を、波打ち際に泳がせてみる。
いつの日かキミシマの真っ青な海で、出会えますように・・・。

[youtube]http://www.youtube.com/watch?v=bhNx0Bzk04s[/youtube]

更にちょっと波の音に被せてみるといい、今回のマイテーマ曲?となった、
アラン・パーソンズ・プロジェクトの「the eagle will rise again」。
私の「海の原点」とも言える曲・・・。
波の形と音とのシンクロで、しばしjeepの香りと風を感じてみてください♪

 

PS.ここは、いつでも新鮮な感覚で包み込んでくれ、
戻ってからも、「透明な気分」を約束してくれる。。
それはまさに極上のジンを飲むだけでなく、その中をフワフワ泳いできたような、ねっ!(笑)

また次回をお楽しみに~\(^o^)/


ジープ島、Jeep島