HOMEの中の夢雲のフォト日記の中の第2のジープとしてのフォノム島。

第2のジープとしてのフォノム島。

フォノム島はジープ島と同じ現地人オーナー所有の島で、すでに10数年前からオープンしていました。そしてジープ島人気も定着しキャパを広げようという事で、コテージのリニューアルに伴い、当サイトで本格的に宿泊のご案内をしていきます。

フォノム島3つのお薦めポイント

1)素晴らしいタイドプールがある
これによって写真のような「逆さフォノム」のシーンが生まれます。また、浅く穏やかなので、子供やシュノーケリング初心者でも超安心です。

2)大きさがジープ島の1.5倍 
これによって全体にゆったりした気分を味わえます。また大きな夏島に近く島影になるので、ジープ島よりも風の影響を受けにくいというメリットがあります。

3)プライベートな個室がある 
お二人で泊まれる部屋が2つあるので、カップルやご夫婦に最適。ジープ島が民宿感覚なら、フォノム島はちょっぴり リゾート感覚。

フォノム島に宿泊する

 

コテージは1棟が3つに区切られ、大部屋が6名、小部屋が2つでそれぞれ2名ずつの計10名が宿泊できます。

バルコニーも広く、リゾート気分を味わえます。

 

現地人スタッフのデニブーが常駐で、もう一人が代わる代わる来ます。デニブーは温和で、色々とリクエストを聞いてくれます。
犬は現在2匹。伸び伸びと島で暮らしている犬達との触れ合いは最高の癒しになるでしょう。

 

ジープ島と同じように現地人スタッフが朝・昼・夕と食事を用意してくれます。
ジープ島よりも広いので、この東屋を皆で囲んで、焼きながらの臨場感で食事も可能です。

Q&A

Q1)ジープ島と両方に泊まる事はできますか?
A)できます。島同士はボートで10分ほどの近さ。荷物を持っての移動は、その時の状況によって、朝食後、昼食後、夕方ボートが帰る時のいずれかになります。

Q2)ジープ島のように「蚊」はいませんか?
A)いません。同じように快適なアウトドアライフを満喫できます。そしてサマーベッドも用意されているので、外で寝る事も可能です。

Q3)オプションのスタイルは?
A)全くジープ島と一緒です。人数によっては、ジープ島のゲストと同じボートで行なう場合もあります。

Q4)泊まらないけど遊びにいく事はできますか?
A)できます。この島のハウスリーフもとても面白いので、ジープ島に泊まってる場合も、ここにダイビングやシュノーケリングをしに行って、ランチも食べてくる事も多いです。

Q5)ジープ島は貸し切り制度がなくなりましたが、フォノム島は?
A)同じように貸し切りはありませんが、現在コテージが1棟3部屋でMAX10名。なので10名集めてもらえれば必然的に貸切になります。

Q6)1名で泊まる場合もツインルームに泊まれますか?
A)空いていれば可能です。その場合シングルチャージもかかりません。

Q7)食事はどこで食べますか?
A)基本はコテージのバルコニーで。ただ東屋で食べる事もできます。更にフランクな島なので、西側にテーブルと椅子を持っていって、サンセットディナーなんかも出来ちゃいます。島のスタッフと相談してみて下さい。

Q8)宿泊料金はジープ島と同じですか?
A)同じです。なので現地での相談しだいですが、状況によっては、ジープ島からフォノム島にチェンジとか、逆も可能な場合があります。

by 三輪アキラ(当サイト管理人)

以下から、フォノム島の動画を見る事ができます。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
『フォノム島にも泊まってみたい!』と思ったら【見積り・問い合わせフォーム】からご連絡下さい。提携旅行社:キックオフツアーさんから案内が届きますよ(^-^)/
フォノム島のみ、あるいはジープ島とフォノム島の両方に泊まる事もできます。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
※写真協力:斎藤 祐一郎


ジープ島、Jeep島