HOMEの中の夢雲のフォト日記の中の★ジープ島ツアー、行き方のアドバイス

★ジープ島ツアー、行き方のアドバイス

04 (1000x662) (500x182)
さあ、ジープ島に行ってみたいけど、
いつで、どのコースにしようかと、皆さんお悩みになられるかと思います。
そこで少しでもお役に立てるよう、ここで幾つかアドバイスをいたしますね。

いつがいい?

まずこのエリアは雨季・乾季の区別がなく、一年中ベストシーズン。いつでもOKです。
あとは金額の高い時・安い時ですが、これは単純にエアー代の上下だけです。
サラリーマンが休みを取りやすい時が高く、取りにくい時が安いという訳です。
「 ツアー日程&料金」のページをご参照下さい。

できるだけ安く行きたい方は、このオフシーズンを狙ってみて下さい。

コースの選択はどれにしよう?

 

◆ニューギニア航空・直行便で行かれる方

週2便就航し、成田から僅か4時間半で、ジープ島のあるチュークまでひとっ飛び!
これで煩わしかったグアム乗換えがなくなり、まさに夢のようなフライトの誕生です。

詳しくは【待ちに待ったチュークへの直行便、いよいよ就航!】をご覧下さい。
───────────────────────────────────────────────

◆ユナイテド航空・グアム経由便で行かれる方

この便の良さは、関空、中部、福岡からも発着できる事。
更にグアムにも寄りたい方にはピッタリでしょう。

「お見積もりの依頼」のページにもあるように、コースは基本10パターン。
この選択をより分かりやすく、詳しくアドバイスしていきます。

◆朝便か夜便か?
土曜発のみ朝便の場合、その日にチュークには入れてとても便利です。
 夜便は約6時間の空港トランジットとなります。
よって土曜発は大半の方が朝便を選択されます。

日・火・木曜発の朝便は夕方グアムに着き、その後ホテルで1泊。
夜便は約6時間の空港トランジットとなります。
(成田、関空、中部空港発着のみ選べます)

日・火・木曜発は、多くの方が夜便の空港トランジットを選択されます。
ただし、夜中の6時間の空港トランジットはやはりキツイという方は、朝便のグアム泊を選ばれます。

◆空港トランジットの上手な過ごし方は?
費用はかかりますが、トランジットルームを利用するのがお勧めです。
ワンポイントアドバイスを参照。

特に最近出来た新しいサガンルームは45ドルで、ユナイテッドルーム45ドルよりも安く、
軽食は更に充実しています。(全てフリー)
長イスはありませんが、自分でイスを組み合わせて横になって仮眠する事も充分出来ます。

いずれにせよ、グアムで1泊するよりは安いし、荷物もスルーなので、やはりとても便利です。

◆帰りが土曜深夜現地を経って、日曜朝に日本に帰ってくる方のホテルBLR半泊は?
僕の感覚から言うと、なくても充分かもしれません。
レストランは21時までやっているし、ホテル敷地内なら広く安全だし、
BARは23時ぐらいまでやっているので、充分時間をつぶせます。

桟橋ではシャワーを浴びる事もでき、何よりもその分の費用を抑えることができます。
ただし、お風呂に入ってさっぱりしたい、少し仮眠を取りたいという方は利用されるのもいいでしょう。

◆グアムのホテル紹介
◎ホリデイリゾート
あくまでトランジット目的で比較的料金が低めなので、料金を抑えたい方向きです。
◎グアムプラザ・リゾート&スパ
便利な立地条件なので、お買い物をされる方やグアムを楽しみたい方向きです。
◎グランドプラザホテル
あくまでトランジット目的で料金をおさえたい方向きです。

以上が問合せフォームでご案内しているホテルですが、以下もお薦めです。
◎デュシタニ・グアムリゾート
2016年開業で新しく快適。全室オーシャンフロントです。
◎パシフィックスター・リゾート&スパ 
ビーチは目の前・徒歩圏内にKマートがあります。

◆帰りグアム1泊で日本に帰ってくる方の便は?
朝便、昼便、夜便と選択肢があります。
これはもうグアムでゆっくりしたいか、とっとと帰ってきたいかで選んでみて下さい。
───────────────────────────────────────────────

◆滞在スタイル(ジープ島全泊、ホテルBLR・ジープ島泊混合、ホテルBLR全泊)はどれにしよう?
もちろん、ジープ島全泊の方が圧倒的に多いですが、他の二つも良いかと思います。

ジープ島1泊とBLR1泊1室はほぼ同額ぐらいです。
ただしジープ島泊には、送迎のボート代、滞在時の全ての食事、ミネラルウォーターが含まれています。

BLRに泊まってジープ島へワンデイトリップすると、オプションで$85現地でかかるので、
お一人の場合やジープ島メインの方は総合して考えると、やはりジープ島泊の方がお得。
(ジープ島はシングルチャージがかからない)

ただし、BLRの1室をお二人で使い、ここを拠点にダイビングをしたり、ジープ島に行ったり、
他の島へワンデイトリップしたりする場合は、こちらもお得。
(しかもBLRは本格的リゾートホテル。ジープ島とは違った形でのんびりできます。)

要は現地をどう楽しむかのプランで変わってきます。
BLR泊もお薦めのページも参考にしてみて下さい。

それと、野趣溢れるジープ島のような所は始めてでちょっと不安という方や、
ジープ島が満室だけど、どうしてもその日程でしか行けないという方は、
BLRを拠点にするのもお薦めです。

ホテルBLR・ジープ島泊混合もいいかもしれませんね。

さあこれでスッキリしましたか?
更に相談されたい方は「横浜カンパニーさん」まで連絡してみて下さいねっ。( ̄▽ ̄)b

ジープ島プロデューサー:三輪アキラ


ジープ島、Jeep島